レーシックの基礎知識,レーシック手術,レーシックの種類などの解説から病院の紹介まで。

レーシック手術なび

レーシックの悩みを解決


レーシックのデメリット

レーシックは、安全性が高く、短時間ですむ手術ですが、手術前に行われる検査の結果により、角膜の薄い人は手術ができないと診断される場合があります。
場合によっては、術後に合併症などのリスクをともなうことがあります。

瞳孔が広がりやすい人、若い人に多くみられるのがハロ・グレアという症状です。

夜暗いときに、蛍光灯の下でまぶしさを感じることがあります。

また、光の周囲がぼやけてみえることがあります。

術後の経過観察が必要で、3か月ぐらいで自然にこの症状が消えることが多いのですが、術後のアフターケアが必要です。

ほとんどが一時的な症状ですが、ドライアイになる人もいます。レーシックは、角膜の治療ですが、角膜の感度が一時的に鈍感になり、瞬きが減少してドライアイになる場合があります。ほとんど自然に治りますが、場合によっては目薬を処方することもあります。
UP▲

~レーシック手術なびへ

Copy right(C)
レーシック手術なび
All Rights Reserved.


レーシック手術なび