レーシックの基礎知識,レーシック手術,レーシックの種類などの解説から病院の紹介まで。

レーシック手術なび

レーシックの悩みを解決


角膜の検査

レーシック手術を行うにあたって、事前に入念な検査を行う必要があります。

角膜の検査では、角膜の形状や屈折率などを調べます。

レーシック手術を行うには、角膜にある程度の厚みがあることが必要なので、角膜の検査はとくに入念に行うのですが、角膜の厚みを正確に計測して撮影することにより、レーシック手術が受けられるどうか、もっとも大きな阪大材料となります。

手術ができないと判断されるのは、角膜の厚みが十分でない場合、角膜のカーブが極端に平坦すぎる場合、カーブが強すぎる場合などです。

また、角膜内皮細胞を撮影して、眼球の健康状態をチェックします。

涙液検査では、涙の量を検査します。

医療技術の進歩により、ほとんどの検査は、機械の前に座るだけで簡単に行われます。
UP▲

~レーシック手術なびへ

Copy right(C)
レーシック手術なび
All Rights Reserved.


レーシック手術なび