レーシックの基礎知識,レーシック手術,レーシックの種類などの解説から病院の紹介まで。

レーシック手術なび

レーシックの悩みを解決


眼底・視力検査

レーシック手術に必要なのは、角膜の検査ともうひとつ、近視を回復させる目的で行う手術なので、現在の裸眼での視力を正確に知っておく必要があります。

現在の視力がどれぐらいであるかを知ったうえで、レーシック手術を行うことによって、どの程度まで回復させたいのかが重要ポイントになります。

さらに眼底検査が行われますが、眼底検査では、瞳孔が開いた状態で眼底を撮影することによって、網膜に異常がないかを調べるための検査です。

眼底検査では、瞳孔を開かせる作用がある目薬を点眼して行いますが、万が一、網膜になんらかの異常があることがわかった場合には、治療を施す必要がありますので、その場合はこの治療を優先します。

裸眼視力と矯正視力を測定して、近視や乱視などの屈折異常の度数を測定します。この度数を正確に測ることがレーシック手術の重要ポイントとなります。これによって、レーザーの照射量が決められることになります。
UP▲

~レーシック手術なびへ

Copy right(C)
レーシック手術なび
All Rights Reserved.


レーシック手術なび