レーシックの基礎知識,レーシック手術,レーシックの種類などの解説から病院の紹介まで。

レーシック手術なび

レーシックの悩みを解決


手術を受ける前に

レーシック手術を受ける前には、事前に入念な検査やカウンセリングが行われます。

手術を受けたいという意思があっても、実際にレーシック手術を受けられる人は、20歳から60歳までと年齢制限があります。

20歳未満の人は、目の角膜などが未発達で、60歳以上の人は、白内障や緑内障、老眼などなんらかの目のトラブルになりやすい年齢なので、近視の視力を回復するレーシック手術は適用できません。

また、対象年齢の人でも、角膜などのトラブルがないか入念な検査によって、受けられるかどうか調べる必要があります。

もちろん、検査結果により手術可能と診断された場合にも、実際に受けるかどうかは本人の意思の自由です。

角膜や眼底・瞳孔の検査の他に、コントラスト視力、黒目球面の経常などの検査があります。

その他に医師による問診やカウンセリングを行います。

不明な点があれば遠慮せずに相談して、医師との信頼関係を深めておくといいでしょう。

術後のアフターケアについても聞いておくといいでしょう。

万が一、術後に目のトラブルがあった場合の対応について、確認しておきましょう。
UP▲

~レーシック手術なびへ

Copy right(C)
レーシック手術なび
All Rights Reserved.


レーシック手術なび