レーシックの基礎知識,レーシック手術,レーシックの種類などの解説から病院の紹介まで。

レーシック手術なび

レーシックの悩みを解決


ケラトームレーシックとイントラレーシック

従来は、フラップ作成に金属刃を用いたマイクロケラトームを使用していましたが、ケラトームレーシックでは、フラップの作成にさまざまな問題が生じていました。

角膜の切り口が斜めになり、作成したフラップの厚みが一定でなく、不安定になりやすいため、場合によってはフラップのズレが生じたというケースもあります。

その後、医療技術の進歩により、イントラレーシックが普及してきました。

イントラレーシックは、コンピュータによって制御されており、フラップがより精密で安全に作成されます。

エキシマレーザーの照射によって、角膜の屈折力が適度に調整される手術がイントラレ-シックです。フラップを戻したあとは、なめらかな状態で吸着も安定するので、ズレが生じることもありません。
UP▲

~レーシック手術なびへ

Copy right(C)
レーシック手術なび
All Rights Reserved.


レーシック手術なび