レーシックの基礎知識,レーシック手術,レーシックの種類などの解説から病院の紹介まで。

レーシック手術なび

レーシックの悩みを解決


エピレーシック

エピレーシックとは、エピケラトームというカンナ状の機械を用いて行われます。一般的なレーシック手術よりも、フラップの厚さを半分にした手術の方法です。

ケラトームレーシックやイントラレーシックなどの従来のレーシック手術では、フラップの厚さは約100μm ~ 200μm(1μmは1/1000の1mm)ですが、エピレーシックでは、約50μm (マイクロメートル ) の厚さでフラップ作成をします。

これによって、一般的なレーシックと比較すると、角膜の厚さが確保できるので、角膜が薄い人でも、手術を受けることが可能になりました。

エピレーシックは、角膜上皮とボーマン膜の間でフラップを切り取ります。ボーマン膜の上から、エキシマレーザーを照射するというのが、一般のレーシックと大きく異なる点です。
UP▲

~レーシック手術なびへ

Copy right(C)
レーシック手術なび
All Rights Reserved.


レーシック手術なび