レーシックの基礎知識,レーシック手術,レーシックの種類などの解説から病院の紹介まで。

レーシック手術なび

レーシックの悩みを解決


ラセック

ラセックは、角膜上皮分の50μmで、一般的なレーシックの半分以下の厚みになるという点ではエピレーシックと同じです。

違う点は、フラップを作成する過程にあります。エピケラトームのかわりに、角膜をアルコールに浸して柔らかい状態になってから、角膜上皮をめくってフラップを作成します。

エピレーシックと同じように、角膜が薄い人や強度の近視の人には最適な方法です。

エピレーシックでは、角膜上皮が完全な形に再生されることによって、手術前のときと同じような眼球の強度を保つことが可能になります。

ラセックのメリットは、ケラトームの使用による眼球の吸引が必要なく、フレックスと同じような効果が得られるとともに、フレックスに比べると痛みをともなうことが少ないことです。
UP▲

~レーシック手術なびへ

Copy right(C)
レーシック手術なび
All Rights Reserved.


レーシック手術なび