レーシックの基礎知識,レーシック手術,レーシックの種類などの解説から病院の紹介まで。

レーシック手術なび

レーシックの悩みを解決


手術後に起こりやすい合併症

レーシック手術後に、ごくまれにですが、副作用や合併症にかかる場合もあります。

手術後に、ドライアイの症状が出る場合があります。ドライアイは、目が乾燥することですが、レーシックの手術後には、感染症を予防するために点眼薬を服用します。

しかし、これによって、涙の分泌が減少して、目が乾きやすくなる人もいます。ほとんどの人が術後3カ月間で自然に治りますが、回復しない場合には、専門医の診察と治療が必要です。

涙成分が配合された点眼薬や軟膏などを処方してくれるので、あまり心配はいりません。

もうひとつは、ハロ現象とよばれる症状をともなうことがあります。目をこすったあとに回りがぼんやりと見えることがありますが、それがずうっと続いているのでハロ現象です。ほとんどの人が自然に症状が改善されていきます。

とくに、重度の近視の人や夜間に瞳孔が大きい人に見られやすい症状です。

手術後に、目になんらかの症状をともなう場合は、すみやかに医師の診断を受けることが必要です。
UP▲

~レーシック手術なびへ

Copy right(C)
レーシック手術なび
All Rights Reserved.


レーシック手術なび