レーシックの基礎知識,レーシック手術,レーシックの種類などの解説から病院の紹介まで。

レーシック手術なび

レーシックの悩みを解決


税金と医療費控除

レーシック手術を受ける場合の医療費控除について、ご説明しましょう。

レーシックは、手術をするという治療法で、医療行為とみなされます。実際に、レーシック手術が医療費控除の対象とされるかどうかについては、最寄りの税務署に訪ねておくといいでしょう。医療費控除の対象であれば、確定申告を行うことにより、過剰に支払った医療費について、還付申告で税金分が還元されます。

税金の算出は、医療費控除は、取得として算出するので、所得控除として計上されます。

「医療費控除額×税率」という計算式で、算出された金額が過剰に支払った税金として、確定申告 (還付申告) を行うことにより、還元されます。

年収400万円程度の所得の人の所得税の税率は20%となっています。レーシック手術の費用として認められるものは、検査・手術・薬・診察などにかかった金額と病院までの往復の交通費などです。レーシックにかかった費用が40万円であれば、40万円(医療費控除額)×20% (税率) = 8万円が過剰に納税した金額となります。よって、確定申告 (還付申告) によって、過剰に支払った8万円が返金されます。
UP▲

~レーシック手術なびへ

Copy right(C)
レーシック手術なび
All Rights Reserved.


レーシック手術なび